無保険車傷害保険の特徴

事故の相手方の保険が不十分なときに自分の保険でカバー

自動車を運行する場合には、自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責は交通事故の被害者の人身傷害を補償するための最低限の保険であり、備えを手厚くするために任意保険への加入が必要になります。したがって大きな事故が起きたとき、相手方が任意保険に加入していないと十分な補償が得られない場合があります。その場合は、自分の加入している保険で被害の補償を受けることになり、これが無保険車傷害保険です。

無保険車傷害保険が補償するのは、死亡もしくは後遺障害が残る大きな人身事故に限られます。また物損事故の場合も関係がありません。たまたま事故の相手方が無保険であるため、大きな人身事故が起きたにもかかわらず、受けられる補償が過少になることを防ぐための保険です。

無保険車が事故の相手方になる場合は意外に多い

無保険車が事故の相手方になる場合は、意外に多いのです。文字通り、任意保険に加入していない場合もありますが、現実には事故の相手方が分からない場合に問題になります。事故が起こっても相手方がその場から逃走して捕まらないと、その相手方から補償を受けることはできないのです。この場合は自賠責保険からの補償も受けられないことになりますが、その代わりに同等の補償を行う政府の制度があり、その補償でカバーされない分が無保険車傷害保険から補償されます。 相手方が任意保険の保険料を節約するために、運転者を家族に限定したり年齢条件を定めていたりしていた場合に、その条件に適合しない運転者が運転していた場合にも、その任意保険から補償を受けることはできません。この場合も、事実上は無保険車との事故に遭遇したのと変わらないことになります。

Follow Me