自損事故保険の特徴

自分が損害を被った場合に補償を受ける自動車保険

自動車保険と言えば、対人と対物の賠償責任保険がメインと言えるでしょう。賠償責任保険とは、事故を起こして相手を死傷させたり、相手の所有物を損傷させたりした際に、損害賠償するための保険です。事故の当事者の双方が賠償責任保険に加入していれば、お互いに損害を賠償できるため、ほとんどの場合は賠償金を受け取れます。しかし、相手が無過失や無保険車のケースでは、相手から賠償金を獲得できません。また、相手がいない単独事故でも、損害を補償してもらう手段がないことになります。

そこで、自分が死傷した場合に備えて、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険に加入しておけば心配ありません。搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険の加入者は、事故の相手に過失が無い場合や単独事故でも補償されます。車両保険は、こうした事故で自分の車が損傷した際に物的損害を補償する保険です。

自損事故保険とはどんなものか

単独事故や相手に過失がない事故で死傷した際に補償を受ける保険として、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険のほかに、自損事故保険というものがあります。自損事故と言うと、単独事故を連想する人が多いですが、この場合は車同士の事故で相手が無過失の場合も含みます。相手に過失が無ければ、強制加入とされる自賠責保険の適用も受けられないのです。ただし、自損事故保険で補償対象となるのは、人的被害だけであって、物的損害は含まれません。

単独事故や相手に過失がない事故で被った物的損害をカバーするには、先述したように車両保険に加入することが必要です。なお、自損事故保険は、対人賠償保険に自動的に付帯される保険なので、自損事故保険だけを単独で契約することはできません。

Follow Me