搭乗者傷害保険の特徴

他人への賠償を目的とする自動車保険の種類

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は対人賠償だけですが、任意保険は対物や携行品など賠償と補償の対象が多岐にわたります。対人と対物は、いずれも他人の損害に対する賠償に限られ、自分が死傷したり自分の所有物が損傷したりしても、補償されません。相手が加害者と認定されたら、相手から賠償を受けることになりますが、自分が死傷した場合に自力救済できるように備えたいなら、自動車保険とは別に生命保険や医療保険に加入する必要があります。

単独事故で生じた自分の車の損傷については、車両保険に入らないと、補償を受けられないのです。自動車保険の主な役割は、事故で他人に損害を与えた際にカバーすることであり、保険会社が示談交渉を代行できるのも相手に損害を与えた場合に限られます。

搭乗者傷害保険とはどんなものか

対人も対物も事故の相手に対する賠償であり、自分以外全ての人に賠償できるわけではありません。つまり、自分の車に同乗者がいて事故で死傷しても、対人賠償責任保険を使えないのです。同乗者の死傷に関しては、事故の相手が賠償責任を負うことになります。ただし、相手が無保険車で賠償能力がない場合は、賠償を受けられないでしょう。また、相手が対人賠償責任保険に加入していたとしても、過失割合の算定によって賠償金額が実際の損害額より低くなってしまうこともあります。

このようなケースに備えて、任意保険には搭乗者傷害保険を付帯できます。搭乗者傷害保険に加入すれば、自分の車に乗せていた同乗者が事故で死傷した場合に、治療費や慰謝料をカバーしてくれるのです。

Follow Me