人身傷害補償保険の特徴

自損事故を起こしてしまった時に手厚い補償を受けられる

人身傷害補償保険は、対人賠償責任保険とは異なり、自損事故のために怪我人が出た場合に契約内容に従って保険金を受け取れる商品です。人身傷害補償保険の対象となる人の範囲は損保会社の方針や商品のタイプによりますが、運転手だけでなく全ての搭乗者の治療費をカバーできるケースも少なくありません。また、運転手に過失があっても全額の保険金が支払われることがあり、経済的にあまり余裕がない人も安心してけがの治療に専念できるのが大きな魅力と言えます。最近では、人身傷害補償保険の加入者数を増やすため、補償内容をさらに手厚くしたり、ロードサービスに力を入れたりする損保会社もあるため、じっくりと人気商品の特徴を調べてみると良いでしょう。

レッカー車の手配や帰りの交通費の補助までサポートしてくれる

人身傷害補償保険は、数多くの損保会社が扱っており、事故発生後の怪我の対応だけでなく、レッカー車の手配や自宅までの帰りの交通費の補助までしてくれる商品がたくさんあります。サポート内容はプランの種類によっても違ってくるため、加入前に様々なケースを想定しながら、自損事故の際にスムーズな対応を期待できるプランを選ぶのがおすすめです。大手の損保会社の中には、損害賠償請求など経済的なトラブルに対処できるよう、人身傷害補償保険の契約者に対しても弁護士特約などの外部の専門家によるサポートを用意しているところも少なくありません。そこで、数社の人身傷害保険の資料を取り寄せて必要なサポートについて余裕を持って検討することが重要です。

Follow Me