対人賠償保険の特徴

相手への賠償として支払われる

自動車は生活にも仕事にもとても役立つ存在ですが、交通事故のリスクもあります。安全運転を心がけることはもちろん、もしもに備えて自動車保険に加入しておくことも大切です。多くのドライバーは自賠責保険だけではなく任意の自動車保険にも加入しています。任意の保険にも加入しておくと、もしもの際も安心ですが、保険の内容をきちんと理解していない人もいます。自動車保険には対人賠償保険がありますが、これは運転している時の事故で相手が死傷した場合にその賠償として支払われる保険です。自賠責保険でも対人賠償ができますが、事故によっては自賠責保険だけではまかないきれないことも少なくありません。自賠責保険の不足分をカバーしてくれる保険でもあります。

自動車保険の中でも特に重要

対人賠償は、事故の内容によっては数千万円、時には億を超えることもあります。そうなると、個人で支払うのはかなり厳しいといえるでしょう。それゆえに、対人賠償保険は自動車保険の中でも特に大切な存在です。保険金額をいくらにするのかも悩むところですが、もしもの際に備えて無制限にしておくと安心です。対人賠償保険は、相手への賠償になりますので、ドライバー自身が怪我をしても支払われることはありません。本人以外でも、被保険者の子供や配偶者は対象外になる場合もあるのでこちらも注意したいところです。自分や同乗者が怪我をした時に備えるのであれば、人身賠償保険や搭乗者傷害保険、自損事故保険などが役立ちます。相手のものや車を壊した場合は、対人賠償責任保険ではなく対物賠償責任保険で賠償することになります。

Follow Me