対物賠償保険の特徴

自動車賠償責任保険の種類

自動車のオーナーになったら、事故に備えて民間の自動車保険に加入することが必要です。車検の際に加入を義務付けられる自賠責保険がありますが、これは対人賠償だけで、しかも上限額が低く、あらゆる事故に備えられるとは言えないでしょう。対人賠償とは、他人を死傷させた場合に治療費や慰謝料を支払う責任で、重大事故だと億単位の額に上ることがあります。こうした多額の賠償金を個人の資産で弁済することは困難なので、賠償保険でカバーするのです。

民間の任意保険に加入すれば、対人無制限の賠償保険のほか、対物賠償保険や搭乗者傷害保険なども付けられます。さらに、携行品の補償や日常事故賠償特約など、様々なオプションがあることも特徴と言えるでしょう。

対物賠償保険とはどんなものか

対物賠償保険は、他人の物的損害をカバーする保険です。自動車同士が衝突した場合は、過失割合に応じて相手の車の損傷につき賠償しなければなりません。車の運転中に自転車に乗っている人とぶつかって自転車が壊れたら、多くの場合、自転車の修理代を賠償する義務を負います。こうした乗り物以外でも、運送中の物品が事故により壊れたら、賠償責任を負うのです。また、相手がいない単独事故であっても、壁や塀をはじめ電柱やガードレールといった物を破壊した場合に、賠償責任を追及されるでしょう。

このように、対物賠償保険は、事故の相手や第三者の所有物につき賠償する保険であって、自分の車や同乗者の携行品などの賠償には使えません。自分の車が壊れたら、車両保険を用いて修理代や買い換える代金を保証してもらうことになります。

Follow Me